実は、浮腫みとアレルギー発症には共通のメカニズムが存在します!ODは生活習慣病だったのです!

ここで、起立性調節障害(OD)に関連するとても重要なエピソードをご紹介しましょう。

これは当社のスタッフのことなのですが、ある日のことです。

A:「私、ここで働くようになったら足が浮腫まなくなったんだ!前は、毎晩お風呂でリンパマッサージをしても必ず夕方になると足が浮腫んでいたのに…」

B:「えっ、私もだよ。私も、ここで働く前は夕方になると屈伸もできないほど足が浮腫んだんだけど、勤めて1ヶ月くらいでまったく浮腫まなくなったんだ!」

C:「実は、私も…。私の場合、夕方になると足が痛いくらいで…。めまいと立ちくらみもひどくて、しかもうつっぽかったのに、ここで働くようになったら全部なおっちゃった。笑」

浮腫みとアレルギー発症には共通のメカニズムが存在する!

A:「あっつ、それ私もです。それから、ここで働くまで十年以上慢性の蕁麻疹で病院にかかっていたんだけど、それも1ヶ月くらいで出なくなって…」

ちょうどお客様のカウンセリングが終わり、スタッフたちが発注作業をしている横を通りかかった私はこの会話を耳にしました。

さて、このお話の冒頭で私が指摘したことを覚えているでしょうか?

「起立性調節障害(OD)の患者の約4割が鼻炎や喘息、蕁麻疹などのアレルギー症状を訴える。これに、鼻づまりや副鼻腔炎、蓄膿を加えると、おおよそ7割以上になる。と言うことは…

起立性調節障害(OD)は生活習慣病か…?」

実は、その後訪れた花粉の季節にAとCは花粉症も治っていたことを知ることになります。

10日間チャレンジに取り組んだお客様の体験談!

著書「30日で朝『スッキリ目覚める』体質にする方法!」で、私は「神仙堂薬局 10日間チャレンジ」という取り組みを起立性調節障害(OD)改善のためにご紹介しています。ここでは、10日間チャレンジに取り組んだ方の声をご紹介していきます。

起立性調節障害(OD)の次男が自力で起きれるようになりました!

起立性調節障害、不登校、通信制高校への転校を経て、心身ともにかなり安定してきた娘ですが、生理前、生理中の心身の不調がひどく、10日間チャレンジを始めました。

飲み始めてすぐに生理前、生理中の不調は驚くほど改善されました。その他、

感情のアップダウンが減ってきた
起立性調節障害の症状である、朝の不調やめまい、立ちくらみなどは全く出ていない
登校、勉強、バイトなどやるべきことはスムーズにこなせるようになってきた

ここまでが、前回のレビューですが、それ以降

自宅でプログラミングの勉強を始めて父親の指導のもと継続中
☆娘自身も買い物の際、植物油脂が入っているか否かを自分で確認するようになっていて、入っているものはできるだけ食べないようにしている。

というような変化が出でいます。

植物油脂の摂取を気にかけることなどは、娘の人生における財産になることだと思い、いつも貴重な情報をご提供いただいていることに感謝の気持ちでいっぱいです!

お風呂のエプソムソルトとエゴマ油ももちろん継続中です。
これからも続けていきたいと思います!

著書をお役立てください!

起立性調節障害(OD)には明確な「原因」があります。

また、その原因は起立性調節障害(OD)のガイドラインでは見逃されています。つまり、ガイドラインに書かれていません。だからこそ、起立性調節障害(OD)のガイドラインに書かれた通りのことをしても、まったく改善することがなかったのです。

起立性調節障害(OD)を放置すると、子どもの成長に大切な多感な時期を棒に振ることになります。また、この時期が脳の成長にとても重要であることは私が指摘するまでもありません。さらに、今行動しなければ、子どもの将来の選択肢はどんどん限られたものになります。

今すぐ、著書「30日で朝『スッキリ目覚める』体質にする方法!」をお役立てください。なお、この本は商業出版が決まるまで「無料」で読むことができます。詳しくはトップページをご覧ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
※ ひとりでも多くの子どもが救われるよう、私はこの考え方をひろめたいと考えております。ご協力いただける方はランキングボタンのクリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です