FrontPage>母 言葉の暴力>母 言葉の暴力 存在の否定

母 言葉の暴力 存在の否定

親が何気なく言っている言葉の中に、子供をひどく傷つけている言葉があります。
それは、子供の存在を否定するような言葉です。

「あなたがいなければ」という、その子の存在を全否定するような言葉。
「おまえなんか、産まなきゃ良かった」なんて、もってのほかです。
「あなたが男の子/女の子なら・・・」などの性別の否定も非常に深く傷が残ってしまうといいます。

努力ではどうしようもないことを言われ、子供はやはり自分を否定されたと感じます。子どもは親から非常に大きな影響を受けます。

自分の存在を否定された子供は、自分には生きる資格がないと思ってしまいます。


チェック 「母 言葉の暴力」に関する記事

▼母 言葉の暴力 存在の否定
▼母 言葉の暴力 比較する
▼母 言葉の暴力 否定的な言葉
▼母 言葉の暴力 グチ
▼母 言葉の暴力 夫婦喧嘩
▼母 言葉の暴力 嫌な言葉




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む