FrontPage>言葉の暴力 対策>言葉の暴力 対策 子供の話に耳を傾けよう

言葉の暴力 対策 子供の話に耳を傾けよう

全米オリンピック委員会心理学部会委員のウェイトリーさんの詩です。


子供の話に耳を傾けよう。

きょう、少し、
あなたの子供が言おうとしていることに耳を傾けよう。

きょう、聞いてあげよう。
あなたがどんなに忙しくても。
さもないと、いつか子供はあなたの話を聞こうとしなくなる。

子供の悩みや要求を聞いてあげよう。
どんなに些細な勝利の話も。
どんなにささやかな行いも褒めてあげよう。
おしゃべりを我慢して聞き、一緒に大笑いしてあげよう。

子供に何があったのか、何を求めているかを見つけてあげよう。
そして言ってあげよう。
愛していると。毎晩。毎晩。
叱ったあとは必ず抱き締めてやり、「大丈夫だ」と言ってやろう。

子供の悪い点ばかりわあげつらっていると、そうなってほしくないような人間になってしまう。だが、同じ家族の一員なのが誇らしいと言ってやれば、子供は自分を成功者だと思って育つ。

きょう、少し。
あなたの子供が言おうとしていることに耳を傾けよう。
きょう、聞いてあげよう。あなたがどんなに忙しくても。

そうすれば、子供もあなたの話を聞きに戻ってくるだろう。


忙しいお父さん、お母さん、子供の話し、聞いてあげてますか?


チェック 「言葉の暴力 対策」に関する記事

▼言葉の暴力 対策 学校編・教師
▼言葉の暴力 対策 学校編・教師のモラル
▼言葉の暴力 対策 学校の取り組み
▼言葉の暴力 対策 子育てをひとりで抱えこまない
▼言葉の暴力 対策 子供の話に耳を傾けよう
▼言葉の暴力 対策 夫婦




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む