FrontPage>言葉の暴力 対策>言葉の暴力 対策 学校編・教師のモラル

言葉の暴力 対策 学校編・教師のモラル

教員が生徒に言ってはいけない言葉は、子供の人格や能力を否定するような言葉や、皮肉やからかいの言葉です。

そして、同じ言葉でも子供たちひとりひとりの生活環境や考え方により、受け取り方に違いがあることを考え、ひとりひとりをよく知り、コミュニケーションを図ることが大切です。

教員が、不用意にも子どもの心を傷つけてしまう言葉を発してしまうのは、多忙ゆえの精神的なゆとりのなさ、体調不良、言葉の弾み、子どもに対する思い込みや先入観などがあげらるようです。

教育改革により、「ゆとり教育の見直し、学力の向上」が掲げられている昨今、教員の負担がますます大きくなることも予測されています。

教員はまず、自分自身の体調管理(肉体的にも精神的にも)を万全に整え、自分が発する言葉の重みや影響の大きさを知って、子どもの心を傷つけるような言葉遣いは控え、子どもに希望と勇気を持たせ、やる気を起こさせる言葉をかけていく技術を身に付けていくことが必要です。


チェック 「言葉の暴力 対策」に関する記事

▼言葉の暴力 対策 学校編・教師
▼言葉の暴力 対策 学校編・教師のモラル
▼言葉の暴力 対策 学校の取り組み
▼言葉の暴力 対策 子育てをひとりで抱えこまない
▼言葉の暴力 対策 子供の話に耳を傾けよう
▼言葉の暴力 対策 夫婦




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む