FrontPage>言葉の暴力 対策>言葉の暴力 対策 子育てをひとりで抱えこまない

言葉の暴力 対策 子育てをひとりで抱えこまない

小さな子供を育てているお母さんのなかには、子どもに対する言葉の暴力を止められない、そう言って悩んでいるお母さんが実は少なくありません。

自分では子どもにひどいことを言うのを止めようと思っていても止められないとき、
お母さんは、意外にも「理想の子育て」を追いすぎている場合があります。

「いつも一緒に遊び、笑顔で、怒らず、褒めてあげ、手作りのお菓子や洋服を着せる。」など、自分で考える「理想の母親像」に苦しんでいる場合があります。

そして、ひどいことを言ってしまった後で、子どもの寝顔をみながら自己嫌悪に落ちいります。

しかし、絵にかいたような「理想の母親」は、現実にはあまりいません。

もうひとつ、子どもは「別の人格」であり、自分の思い通りにはならないものと知ることです。
赤ちゃんでも、ちゃんと自分の意思を持って、行動しています。
親が思った通りに動かなくって当たり前なのです。

そして、子どもの要求を聞いてみる。
要求を、聞き取ってかなえてあげられるものはそうさせてあげましょう。

忙しい時間には、「いいから早く早く」とせかしてしまいがちですが、一呼吸して、聞いてあげて、待ってあげると、子供の気持ちが違ってきます。

周囲の助けを得ることも、大事です。
夫が忙しいならば、実家、近所のママ友など、自分ひとりで子供を抱え込まないことです。


チェック 「言葉の暴力 対策」に関する記事

▼言葉の暴力 対策 学校編・教師
▼言葉の暴力 対策 学校編・教師のモラル
▼言葉の暴力 対策 学校の取り組み
▼言葉の暴力 対策 子育てをひとりで抱えこまない
▼言葉の暴力 対策 子供の話に耳を傾けよう
▼言葉の暴力 対策 夫婦




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む