FrontPage>夫婦 言葉の暴力>夫婦 言葉の暴力 熟年離婚

夫婦 言葉の暴力 熟年離婚

セクハラやDVに特に厳しいアメリカやフランスでは、発言には常に注意が払われています。

「誰のおかげで生活できているんだ」などと言ったら、それだけで離婚の理由になってもおかしくないそうです。

日本の場合、男女平等とはいえ、まだまだ男性優位の社会であり、日本の男性は、知らないうちにDVをしていたというケースも多くあるように思います。

とはいえ、「言葉の暴力」が結婚生活を送る上では耐えがたいものであることに、間違いはありません。

「言葉の暴力」を毎日、何十年もされ続け、我慢を強いられてきたらいずれは限界が来ます。

妻が熟年離婚を決意するのは、このような我慢の積み重ねが限界になった、もう耐えられないという時期が多いようです。

中には、長年にわたり暴力を受け続けたことで、
・私が夫をこんな風にしたのかもしれない
・自分でないと夫を助ける事は出来ない

などと思い込み、自分への自信を失い、その苦労から脱出したいはずなのに、自らがそれをできなくしてしまう場合もあります。


チェック 「夫婦 言葉の暴力」に関する記事

▼夫婦 言葉の暴力 DV
▼夫婦 言葉の暴力 熟年離婚
▼夫婦 言葉の暴力 妻から夫へ
▼夫婦 言葉の暴力 子供への影響




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む