FrontPage>母 言葉の暴力>母 言葉の暴力 嫌な言葉

母 言葉の暴力 嫌な言葉

小中学生の子供たちが親に言われた嫌な言葉です。
・「バカ」「クズ」「役立たず」「わがまま」「ひねくれ者」など
人格、性格を否定する言葉

・「無理だ」「やめろ」「能なし」「知恵が足りない」など
能力や可能性を否定する言葉

・「あなたにやってもらわなくてもいい」「お前の話を聞く必要はない」など
善意を否定する言葉

・「お前のことなんか知らない」「もう子どもと思わない」
「あなたにお金をかけたくない」など冷淡な言葉

・「出て行け」「顔も見たくない」「死んでしまえ」など
怒りにまかせた感情的な言葉

・「みっともない」「恥さらし」「親のことも考えろ」など
世間体を気にした言葉

・「お前のために我慢している」「親は苦労しているのに」など
恩着せがましい言葉

・「妹(弟)に比べてだめだ」「できそこない」など
姉妹(兄弟)と比較して劣等感を感じさせる言葉

・「お前は捨てられていた子だった」など
家族・親子としての存在を否定する言葉


反対に、親から聞いた、うれしかった言葉は、
・「よかったね」
・「ありがとう」
・「がんばれ」
・「きっとできるよ」
・「それでいいじゃない」
・「もう一息だね」
・「焦らず、がんばれ」
・「お父さん(お母さん)もうれしいよ」
・「よくやったね」

などがあります。


チェック 「母 言葉の暴力」に関する記事

▼母 言葉の暴力 存在の否定
▼母 言葉の暴力 比較する
▼母 言葉の暴力 否定的な言葉
▼母 言葉の暴力 グチ
▼母 言葉の暴力 夫婦喧嘩
▼母 言葉の暴力 嫌な言葉




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む