FrontPage>母 言葉の暴力>母 言葉の暴力 否定的な言葉

母 言葉の暴力 否定的な言葉

子どもを注意する場合、否定的な言い方をする人がいます。

「食べたら歯を磨かなきゃダメだよ」
「お片付けが出来ない子はダメっていったでしょ!」
「宿題はさっさとすませなきゃいけないよ!」

「ない」とか「ダメ」などの言葉が入っている、こうした否定的な言葉を浴びせかけられていると、子どもは無意識のうちに自分自身が否定されているように感じます。

さらに、「ずるい」「バカ」「怠け者」「だらしがない」などという言い方は、相手の人格そのものを丸ごと否定する言い方で、子供の心を深く傷つけます。

こういう言い方で自分を否定されると、親の「愛情」を信じられなくなってしまいます。


チェック 「母 言葉の暴力」に関する記事

▼母 言葉の暴力 存在の否定
▼母 言葉の暴力 比較する
▼母 言葉の暴力 否定的な言葉
▼母 言葉の暴力 グチ
▼母 言葉の暴力 夫婦喧嘩
▼母 言葉の暴力 嫌な言葉




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む