FrontPage>言葉の暴力 対策<言葉の暴力 対策 学校の取り組み

言葉の暴力 対策 学校の取り組み

群馬県のある小学校では、クラスぐるみで、人を傷つける、言われていやな「チクチク言葉」を封印して、人に言ってもらえるとうれしい「あったか言葉」を増やそうという試みがなされています。

子どもたちが、学校で「あったか言葉」を遣うようになって、
「家庭でも、子どもの言葉遣いや親に接する態度が変わってきた」
「子どもの影響を受けて、言葉の遣い方が変わった」という親もいるようです。

「チクチク言葉」を封印して「あったか言葉」を増やす授業を取り入れることによって、子どもたちだけでなく、教員自身のコミュニケーション力の向上にも役立ち、学校、家庭ともに、いじめや虐待を減らす手だてになっているそうです。


チェック 「言葉の暴力 対策」に関する記事

▼言葉の暴力 対策 学校編・教師
▼言葉の暴力 対策 学校編・教師のモラル
▼言葉の暴力 対策 学校の取り組み
▼言葉の暴力 対策 子育てをひとりで抱えこまない
▼言葉の暴力 対策 子供の話に耳を傾けよう
▼言葉の暴力 対策 夫婦




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む