FrontPage>言葉の暴力 対策>言葉の暴力 対策 学校編・教師

言葉の暴力 対策 学校編・教師

幼い子供たちは、両親から言葉の暴力を受けることがありますが、学校にあがるようになると、教員からことばの暴力を受けることもあります。

2006年には、教員が中学生の男子生徒にいじめ発言を繰り返していたことが元で、他の生徒にまでいじめ行動が広がり、男子生徒は自殺をはかりました。

別の中学で、教員が授業中に男子生徒が質問に答えられなかったことに腹をたて、「何をぼんやりしているんだ」「ふざけるな」「殺すぞ」「やる気がないなら出て行け、死ね」などという言葉を投げかけて生徒を脅しました。

生徒は大きなショックを受け、「学校に行きたくない」「死にたい」などともらすようになり、一時登校拒否になったそうで、教師は、2000年1月に警視庁に書類送検されました。

教員は毎日、子どもたちの前でさまざまな言葉を発しています。
感じやすい子どもたちは、教員の一言一言に反応して、喜んだり悲しんだりします。
教員が、よかれと思って発した言葉であっても、その言葉が「きつい言葉」や「強い言葉」だと、浴びせられた子どものほうは自分の人格や存在、可能性を否定されたと受け取り、「自分はいないほうがよいと思われている」「理解されていない」「自分はだめな人間だと思われている」などと思い込んでしまうことが多くあります。

特に年齢の低い小学校低学年の子どもたちは「教師の暴言・威嚇」に悩まされてしまいます。


チェック 「言葉の暴力 対策」に関する記事

▼言葉の暴力 対策 学校編・教師
▼言葉の暴力 対策 学校編・教師のモラル
▼言葉の暴力 対策 学校の取り組み
▼言葉の暴力 対策 子育てをひとりで抱えこまない
▼言葉の暴力 対策 子供の話に耳を傾けよう
▼言葉の暴力 対策 夫婦




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む