FrontPage>言葉の暴力 相談>言葉の暴力・DV相談ケース

言葉の暴力・DV相談ケース

・夫(妻)から逃げたい場合
緊急時には、警察です。
一時的に別の場所に避難する場合は、婦人相談所へ。

・夫(妻)が近寄ってこないようにしたい場合は、
法的に禁止することができます。
地方裁判所や警察へ。

・夫(妻)を罰してほしい場合は、警察へ。
夫(妻)の行為が、刑法やストーカー規制法などの刑罰法令に触れる場合は、
処罰することも可能です。

・夫(妻)と別れたい場合は、
家庭裁判所に離婚の手続きをします。
裁判費用がないときは、日本司法支援センターへ相談します。

・新しい生活を始めたい場合は、
婦人保護施設や母子生活支援施設を利用し、
ハローワークなどで職を確保します。
生活保護制度、生活福祉資金貸付制度
母子福祉資金貸付制度、児童手当、児童福祉手当などを
各自治体のなどの窓口に申し込み、生活資金を確保します。

・被害者が外国人であっても、配偶者暴力防止法の対象となります。
婦人相談所や入国管理局、外国人のための人権相談所が支援します。


チェック 「言葉の暴力 相談」に関する記事

▼言葉の暴力・DV相談機関
▼言葉の暴力・DV相談ケース
▼言葉の暴力 相談 パワハラ
▼言葉の暴力 相談 虐待




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む