FrontPage>父 言葉の暴力>父 言葉の暴力 強圧的な親

父 言葉の暴力 強圧的な親

妻子に強圧的独断専行をもって対し、秩序と年功序列を重んずる父親も、問題です。

この父親は何か気に入らないことがあると、物を投げたり、さわいだりします。

子供は父親の行動がとても怖くて、いつも父親の機嫌をそこなわないように気をつかってヘトヘトになってしまいます。

怖くてふるえながら育った子供の精神が健全であるはずがありません。気持ちは萎縮して生気を失っていますし、恐怖で生きるエネルギーが枯渇してしまいます。

外から見て素直な良い子、おとなしい子であっても、内から見れば何事にも怖気づいている子供、消極的な子供なのです。

また、強圧的独断的な親は、子供の自立を妨げます。

父親と違った意見を言う自由が無かった子供は、親と対立する自分を抑えてしまっています。

「自分」というものを殺すことで親子の関係に波風が立つことを避けてきた人は、まさにそれゆえに「自分」が育っていません。
したがって、子供にとって自立が、とても困難な事になってしまいます。


チェック 「父 言葉の暴力」に関する記事

▼父 言葉の暴力と家族への被害
▼父 言葉の暴力 子供への被害
▼父 言葉の暴力 強圧的な親
▼父 言葉の暴力 脳の発達
▼父 言葉の暴力 内面化




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む