FrontPage>父 言葉の暴力>父 言葉の暴力 子供への被害

父 言葉の暴力 子供への被害

どんな親でも時には口汚い言葉を子供に浴びせることはあるかもしれませんが、

子供の「身体的特徴」、「知能」、「能力」、「人間としての価値」などについて、
日常的かつ執拗に、ひどい言葉で攻撃を加えるのは虐待です。

言葉で傷つける親には、二種類のタイプがあります。

ひとつは、はっきりと悪意のあるひどい言葉や汚い言葉で露骨にののしるタイプ。

もうひとつは、一見悪く言っているようには聞こえない「からかい」、「嫌味」、「屈辱的なあだ名」、
「はっきりとわからない微妙なあざけりやけなし」などの、より陰険な方法で執拗にいじめるタイプで、
これはしばしばユーモアという外見を取りつくろっています。

後者の場合は、家庭の中で、いつもこきおろされ、笑いものにされ、
それに抵抗して争おうとすると、今度は「冗談がわからないやつ」だと責められ、「ダメなやつだ」と子供が悪者にされます。

子供はそういう状態に置かれた時、感情の持っていき場がありません。

「絶対に勝ち目の無い」状況に置かれていた子供は、「自分は弱虫だ」と感じてしまいます。

子供時代の父親の“あざけり”は、大人になって社会人になっても、人の言動に対する過剰な反応や不信感、非常に内気な性格、などとして残ります。


チェック 「父 言葉の暴力」に関する記事

▼父 言葉の暴力と家族への被害
▼父 言葉の暴力 子供への被害
▼父 言葉の暴力 強圧的な親
▼父 言葉の暴力 脳の発達
▼父 言葉の暴力 内面化




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む