FrontPage>父 言葉の暴力>父 言葉の暴力と家族への被害

父 言葉の暴力と家族への被害

昨今では、親に虐待されたり、育児放棄をされ死亡する子どもが後をたちません。

死亡にはいたらずとも、親の暴力により心に深い傷を負う子供たちも、大勢います。

ここでは、父親から受ける、言葉の暴力について述べたいと思います。

調査によると、子供と話す時間が少ないことに悩むお父さんは40%
(06.08.02朝日)

平日に父親が子供と関わる時間」については4分の1の父親がほとんどないと答え、30分以下では60%を超えます。

また「子供の悩みを知らない」父親は67%に上ります。
(内閣府調査 07.03.02朝日)

1日の大半を仕事に追われて家庭は寝に帰るだけというお父さん。

『男性の1日の82%は、仕事と寝て食べてという生活の基本に費やされている。
その上、仕事満足度は10%』

という発表もあります。

家庭の中で、家族と自然なかかわりを持てない父親。

企業が社員を道具のひとつとして考え、必要がなくなれば捨てるという体制をとる中で、感受性がどんどん麻痺していく父親。

そんな父親から受ける家族の被害をあげていきましょう。


チェック 「父 言葉の暴力」に関する記事

▼父 言葉の暴力と家族への被害
▼父 言葉の暴力 子供への被害
▼父 言葉の暴力 強圧的な親
▼父 言葉の暴力 脳の発達
▼父 言葉の暴力 内面化




無料レポートお申し込みはこちら!

今すぐ無料レポートを申し込む